不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

阿佐ヶ谷のための短編小説

こんにちは。株式会社菊商事の森田です。世の中が騒然としています。


さて、この度、阿佐ヶ谷のための短編小説という連載をスタートいたします。阿佐ヶ谷を小説内に埋め込んで、何かを書きたいと
思います。完全に素人ですが、少しでも阿佐ヶ谷という街をPRできたらなと考えています。

もしよろしければ、読んでいただけると幸いです。では、点線の以下より第1編の開始です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『悲しいわけじゃないけれど』

 阿佐ヶ谷駅南口へ降りると、大手コーヒーチェーンがある。駅と一体になったビルの1階に、その店はあり、ガラス張りの店内は外からもよく見える。店の中では緑色のエプロンを着けた店員が、忙しそうに働き、レジには列ができていた。ガラス1枚隔てた外から、私は毎日店員の笑顔を見る。そして私は会社に行く。帰って来る時も、彼、彼女達は笑っていた。

 コーヒーショップのガラスに写る私の顔は、普段鏡で見る自分の顔となんら変わらない。一重瞼、薄い化粧、隠しきれなかった目の下のくま、平凡な目、平凡な口、濃くも薄くもない眉。紛れもない私の顔だ。大学を卒業してから7年、正直私は自分がどのくらい年をとったのか、変わったのか分からない。ただ、免許証の写真を見ると、私も歳をとったなと感じる。更新前の学生の頃の私は幼くて、張りがあった。去年免許証を更新した時の私は、それらがいくらか失せてしまったようだ。そこまで考えて、ガラスの向こうの男性が、ぎょっとした目で私を見た。思ったよりも長く、ガラスの前に立っていたらしい。私は軽く会釈をすると、何事もなかったかのようにガラス窓の前から離れた。改札へ行き、ICカードをタッチする。青い丸が浮かび上がり、仕切りが開く。

 もう何年経っただろうか。そう、たぶん5年くらいだ。正確な年数は思い出せない。思い出そうとすると、頭がぼおっとする。私は彼氏と別れた。彼とは大学で知り合った。同級生だった。同じサークルに入っていた。付き合おうと言い出したのは彼だった。私たちが大学2年生の夏、河原でバーベキューをしていた時だった。彼が私を呼び出した。
「ちょっとごめん、駐車場まで来てくれる」
砂利の駐車場でジープの横で、私は告白された。その時私は、もう何年も告白なんか受けていなくて、どうしたらいいのか分からなくなっていた。胸がドキドキした。右手に持った缶チューハイが小刻みに震える。彼はじっと待っている。どうしよう…、私はとっさに彼の顔を見た。口元に力がはいっている。再び視線を足元に落とす。もう一度顔を上げる。私のサンダルから砂利を踏む音がした。

 新宿駅で山手線に乗り換える。朝の通勤ラッシュで、電車はいつも通り混んでいた。白いつり革につかまって、肩を狭めていると、女子高生と男子高校生に目がとまった。お互いに顔を近づけあい、ひそひそ話をしている。

 私たちの初デートは水族館だった。池袋にある有名な水族館。青い水槽を泳ぐ魚たちを見て、アシカやペンギンも見て、二人ではしゃいだ。夜は居酒屋でご飯を食べて、お酒を飲んだ。たくさん話もしたはずだ。でもどうしてだか、何を話したのかあまり覚えていない。最後は二人でホテルに泊まった。翌朝目覚めると、私は池袋の朝が気怠いということに、繁華街の早朝が自分をだらけさせることに、はじめて気が付いた。私たちはその日、講義をさぼった。

 車内アナウンスが高田馬場と告げる。たくさんの人が降りていき、また同じくらいの人が乗り込んでくる。運よく私の前の席が空いた。座ろうとすると、さっと横から誰かが座った。大学生くらいの女の子だった。私の横に立っているこれまた大学生くらいの男の子に笑いかけている。男の子も笑い返す。ドアが閉まり、車内が大きく揺れた。

 私たちは大学を卒業すると、同棲をはじめた。お互い在学中は一人暮らしだったため、二人での生活は新鮮だった。お金のあまりない私たちは、古い木造アパートを借りた。6帖の部屋に大きなダブルベッドを置き、4帖半の部屋でテレビを見て、5帖のキッチンで夕ご飯を食べた。彼も私も毎朝同じ玄関から仕事に行き、休みの日は二人とも遅くまで眠っていた。彼はコーヒーが好きで、私は紅茶が好きだった。私は朝起きてパンをトースターで焼き、インスタントのコーヒーをいれた。その間彼はゆっくりとパジャマから着替え、髪を整えた。向かい合って食べる朝食。ワックスのぬられた彼の髪は毎朝ツヤツヤと輝き、彼のかじるパンのサクサクという音が、私はとても好きだった。仕事から帰ってくると、また同じように向かい合って夕飯を食べた。

 池袋で電車から降りる。たくさんの通勤者と一緒にもみ合いながら、階段を下りていく。改札をでて、右に曲がって、一度だけ後ろを振り返る。

 「ごめんなさい。もう会えません」。同棲をはじめて1年くらい経った頃だった。私が2日間の出張から帰ってくると、きれいに彼の荷物だけ無くなった部屋に、そう書かれた紙切れが置いてあった。押入の中、台所にあった歯ブラシ、マグカップ、すべてが半分になっていた。ただ、6帖間に置かれたベッドだけが、二人分の空間をあけていた。何度も何度も電話した。有休をとって、1日中あてもなく彼を探し回った。夜、帰ってくるとインターネットで行方不明者保護のニュースを検索した。そうやって1ヶ月が過ぎたころ、私は探すのを諦めた。探すのを諦めた日、私はベッドに倒れこんで、一晩中泣いた。泣いて、泣いて、泣いて、外が白みはじめた頃、家を飛び出した。夢中で早朝の街を走った。どこをどうやって走ったのか分からない。気が付くと、阿佐ヶ谷駅南口のコーヒーショップのガラスに、サンダル履きの顔のむくんだ女が写っていた。

 仕事から帰ってくると、夜の8時を過ぎていた。改札を出て、いつものように家路につく。例のコーヒーショップから男女が出てきた。二人とも仕事帰りだろうか、スーツ姿だ。お互いにつないでいない方の手に、持ち帰り用のコーヒーカップを持っていた。彼女は同じ手で器用に小さなスーツケースを引き、彼はカップと一緒に黒いかばんを持っている。二人とも笑いあいながら、同じ方向に歩いて行く。紙のコーヒーカップには、女神を象ったロゴが印刷されている。

 もうすぐ部屋の更新だ。家について、荷物を降ろすと私はそう考えた。同棲がだめになって、今のアパートに引っ越してからもう2度目の更新になる。冷蔵庫から缶ビールと、昨日の残りのスライストマトを取り出す。プルタップをあけ、トマトと一緒にビールを流し込む。酸っぱくて、苦い。そろそろ引っ越そうか、でも一体どこへ?テレビをつける。音楽番組をやっていた。私と同じくらいの年のヴォーカルが歌っている。「誰でもいいよ だれか私を 掬って食べて」。



※最後の文は、マカロニえんぴつの楽曲「ブルーベリー・ナイツ」から引用しました。

更新日時 : 2020年06月04日 | この記事へのリンク : 

春の雪

こんにちは。株式会社菊商事の森田です。

今日2020年3月14日、東京では雪が降りました。春の雪です。珍しい。


雪の降る様を見ていて、ふと、思いました。

そういえば、三島由紀夫の小説に『春の雪』ってあったな。たしか、大学3年のころに読んだな。




なぜ、思い出したのか考えてみると、昨日テレビで三島のことをやっていたからかもしれません。
あるいは、ぼくが今、『禁色』を読んでいるからかもしれません。


とにかく、そう思ったのでした。




三島由紀夫はぼくの好きな作家の一人で、いくつか作品を読みました。

『春の雪』を含む豊饒の海4部作、『金閣寺』、『鏡子の家』、『近代能楽集』、『潮騒』、『青の時代』…etc


どれを読んでも、「良い」と思うのですが、どこがいいの?と聞かれると、はっきり答えられません。




格調高い文体か、逆説性か、宿命か、悲劇性か、緻密な描写か、判然としません。


うーん…考えて、考えて、いま気が付いたのは、「何がいいのか分からないけど、確かに何かは良くて、その何かを知りたい」
と思うからいいのだということです。




なんだかぐるぐるしてきましたね。でも、「古典」というのはそういうものなのかもしれません。

作品そのものの中に問いが含まれていて、各々それを抜き出して、考え、新たな創作をする(もちろん、この「創作」にはものを書く以外のことも含まれます)。




そういう意味で、三島の作品はやっぱり古典といえそうです。




さあ、雪が降るのを見て、ここまで来てしまいました。しかしこれも、『春の雪』という本の力です。

だって、その本が書かれなければ、その本を読んでいなければ、このように「古典」というものを考えることもなかったかもしれないのです。

ぼくは本の力にひっぱられてしまったのです。


「古典」とは恐ろしいものですね。





さて、外を見るといつしか雪は止んでいました。もう少し、「春の雪」を見ていたかったな、というのがぼくの今の感想です。


三島が死んでもう何十年もたっています。ぼくが『春の雪』を読んでからも、5年くらい経っています。


そうして今、ぼくははじめて、春に降る雪を見たのでした。


更新日時 : 2020年03月14日 | この記事へのリンク : 

夜の公園でビル・エヴァンスを聞いている

こんばんは。菊商事の森田です。前回の続きです。

はじめに、補足です。「ポートレイト・イン・ジャズ」というのは、アルバムの名前です。
以下、登場する曲名はすべて「ポートレイト・イン・ジャズ」の収録曲です。




見事ビル・エヴァンスにハマったぼくは、イヤホンを耳に入れて、毎日聞いていました。

そのころのぼくには、放浪癖があって、夜中によく近所まで散歩にでかけていました。




ぼくがよく行っていたのは、高円寺と阿佐谷のちょうど間くらいにある、馬橋公園という公園です。
緑が多くて、小さな池や子供の遊ぶ遊具なんかがあります。きれいないい公園です。


そこに夜中10時ごろいって、少年野球やサッカーをやるグラウンドの横にある、小さな広場
に入ります。街灯の下にあるベンチに座ると、風が木々を揺らすざわめきが聞こえます。




それがなんだか心地よくて、一度外したイヤホンをまた耳に入れ、おもむろに
再生ボタンをタップします。



「Autumn Leaves」、「Someday My Prince Will Come」、「Blue In Green」…



たぶんですけれど、こういうのを今の言葉じゃ、「エモい」っていうんでしょう。



そうなんです、ジャズはエモいのです。

そう、「エモい」のです。






で、唐突に阿佐ヶ谷町紹介へまいります。2019年10月25日、26日に阿佐谷ジャズストリート2019、
が開催されます。



喫茶店や神社、教会、小中学校の体育館、飲食店など阿佐谷のいたるところで、ジャズが響きます。
駅前には特設ステージもできます。「エモい」ジャズが聞ける、というわけです。






もうお気づきになられましたよね。これは、阿佐谷ジャズストリート2019の紹介文だったのです!


あ、でも、夜の公園でぼくがひとりジャズを聞いていたのは本当です。

すいませんでした。無理やりでした。


申し訳ございません。しかし、よろしければ、また。

更新日時 : 2019年10月24日 | この記事へのリンク : 

夜の公園でビル・エヴァンスを聞いている

こんばんは。株式会社菊商事の森田です。今は2019年の10月です。だんだん寒くなってきましたね。

今回はジャズのはなし。エッセイ風です。




ぼくがはじめてジャズを聞こうと思ったのは、村上春樹さんの本を読んだからだった。

こういう方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

村上春樹さんは言わずと知れたジャズ好きで、小説やエッセイにもたくさんジャズが登場する。



この本のこれ、と明確に特定はできないが、村上さんの本を読んでいると、いつの間にか
ジャズ(音楽といってもいいかも)を聞きたくなるから不思議だ。音のない文字を読んで
いるのに。






というわけで、勝手にジャズが聴きたくなったぼくは、インターネットで有名どころを調べることにした。
(インターネットってところが、現代的でしょ?どうでもいいけれど)

グーグルを開いて、検索欄に「ジャズ おすすめ」と入力する。すると、たくさんのおすすめ記事がでてくる。


そのいくつかを読んでみるが、正直よくわからない。ぼくは何を聞いたらいいんだろう?
間抜けな思考をして、はたと気が付きました。そういえば、「ビル・エヴァンス」という人を聞いたことがある。




どこで知ったのか、はっきりとは思い出せないけれど、たぶん何かの本で読んだんだろう。
なんとなく気になり、またインターネットで検索してみた。「ビル・エヴァンス ジャズ」。



グーグルの検索結果のトップに、ビル・エヴァンスの顔写真がでんと映された。
後で知ったのだが、ぼくがこの時見たのは、有名な「ポートレイト・イン・ジャズ」のジャケット写真だった。





ぼくはその時、なんとなく、神経質そうな人だなあと思った。そしておそらく、ピアニストだなと。
その時の勘は何故か冴えていて、ビル・エヴァンスはピアノを弾いていた。



軽く彼に関する記事に目を通すと、早速アップル・ミュージックで「ポートレイト・イン・ジャズ」
を聞きにかかった。



で、好きになってしまうんですね。イヤホンから流れるピアノに、ドラムに、ウッドベースに、
ぼくははっきりといいと感じました。







さて、まだタイトルの夜の公園がでてきてませんね。ご安心ください。この後、でてきます。

でも、それは次回に回させてください。

話はこれから、夜の公園→阿佐谷ジャズストリートと続きます。

更新日時 : 2019年10月20日 | この記事へのリンク : 

台風にご用心

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。


先月に引き続き、台風が迫ってきていますね。ご注意ください。


今回は台風関連のお話。



アパートやマンションを持っている方は、台風後は物件の損傷が
あるかもしれません。弊社でも屋根がはがれた、塀が壊れた、等の連絡をよくいただきました。

そこで、そういうときの基本的なことを書きたいと思います。



”ず保険に入りましょう

まずはこれが一番です。建物が壊れて修理がしたいというときに、たまに建物の保険に入っていない方が
いらっしゃいます。すると、修理費が全額自己負担になります。当たり前ですが。

台風クラスの災害ですと、屋根がやられたりして、云十万の修理費がかかることがざらにあります。
屋根をふき替えなければいけない場合もありますからね。


なので、まずは保険にはいること。余談ですが、ジンクスとして、保険に入っていない方に限って
でかい修理がきたりします。ご注意あれ。



△垢阿暴ねをしましょう

小学校の標語みたいですが、事実です。

例えば、屋根工事の場合。現時点で水が漏れていないからといって、軽微な修理を怠っていると、
後で大変なことになります。2次災害ですね。なるべく、被害が少ないうちに直しましょう。









極めて当たり前のことを書きましたが、経験上、意外と抜けている場合が多いです。

物件をお持ちの方、ぜひぜひ、ご確認ください。ありがとうございました。




更新日時 : 2019年10月08日 | この記事へのリンク : 

上京する方へ、お部屋を探す時期について

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。


台風が迫っている今日この頃。久しぶりの更新です。


今回は簡単に。





先日、就職が決まり、地方から来年の3月に上京されるという方が来店されました。
早めにお部屋を探したいと。おめでとうございます!新生活に胸が高まりますね。




うん、でもですね、言いにくいんですが、気が早すぎます(笑)




東京に来る前に、町が見たい!というのなら、いいと思います。
ただ、早めに部屋を抑えてしまおう、というのは時期尚早です。




なぜなら、基本的に申し込みをいれてから、賃料が発生するまでの間は、2週間だからです。
最長でも1ヶ月です。それくらいしか、大家さんは待ってくれません。



あんまり先まで待っていると、その前にお部屋に入りたいという方が困ってしまいますからね。






というわけで、お部屋を借りる気で上京されるなら、引越しの2〜3週間くらい前がいいと思います。
その方がスムーズです。




今はインターネットがありますから、事前にあたりをつけておくとなお、いいでしょう。






参考になりましたか?では、また。

更新日時 : 2019年09月06日 | この記事へのリンク : 

エアコン設備はあたりまえ

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。

最近、飲食店等の過剰サービスが問題になっています。本来、いいサービスというのは高いお金を支払わないと受けられないもの。


しかし、競合他社との差別化をはかるために、そこそこのお店や安いお店でもがんばってよいサービスをしようとします。




それ自体はいいことなんですけどね。お客さんに喜んでいただくために努力する。これは仕事の本質ですから。

ただ現実として、安いまんま無限にサービスが良くなるということは考えられません。安いものはそれなり。高いものもそれなり。
つまり、安いものは「安い」という範囲内で良いと判断され、高いものは「高い」という範囲内で判断されなければならないということです。



簡単にいうと、過剰な期待はしない方がいい、ということです。



そしてこの、過剰な期待をしないということは、サービスを受ける側(つまり消費者)に求められることです。
まあ、往々にしてこの過剰な期待をしないということは、幸せに生きるコツであったりもします。



また言い換えれば、際限なく期待することは、際限なく欲望を膨らませることであり、それは人間にとって良くないことではないか、と考えることでもあります。私はそう思いますけれども。資本主義という思想と同じように、モラルや倫理という思想も確かにあるのですから。そして資本主義は万能ではないのですから。





という、どこかで聞いたことのある話を書きまして、エアコンの話です。


エアコンを設備としてつけるのは、過剰サービスではありません。

なぜか、エアコンのない部屋は借り手が見つかりにくいからです。時代がそうなってしまったのです。




私は今、↑と矛盾するようなことを書きました。しかし、そうではありません。
エアコンは家賃の高い安いに関わらず、ついていてあたりまえと誰もが考えるくらいに、普及してしまったのです。


それは、なぜか。日本が豊かになったからです。



人々が豊かになればなるほど、最低限の意味も変わってきます。最低限のラインが底上げされるのです。


つまり、昔はついているのが珍しかったエアコンが、最低限ついていてあたりまえ、
といえるくらいに我々はお金持ちになったのです(昔に比べれば)。



これは、お風呂のことを考えても分かります。今はお部屋にお風呂が付いていない方が、
珍しいですよね。エアコンもそういうものになりました。




そして、そういう風に豊かになったからこそ、「過剰サービス」という言葉も生まれるのだと思います。


というわけで、エアコンを設備にするかどうか迷っている大家さん、エアコンをつけましょう!




と、無理やりまとめて終わりにします。ありがとうございました。






PS 私、森田は2019年1月に作家の橋本治さんが亡くなってから今までずっと、橋本さんの本を読んでいます。
  でも、橋本さんのようにものを考えるのは難しいですね。やっぱり、橋本さんは橋本さん独自であるのです。
  ただ、私も自分の頭でものを考えよう!と思いました。ご興味のある方は、ぜひ橋本治さんの本を手にとって
  みてください。

更新日時 : 2019年06月09日 | この記事へのリンク : 

ロフトの使い方を考える

こんにちは!蟲鴇事の森田です。



今回はロフトの使い方を考える。









ロフト付きのお部屋、特に1990年代の建物に多いです。その頃は流行っていたんですね。



しかしながら、今はいまいち人気がない。ロフトが付いてるから!という理由で、入居を決められる方はまず
いません。むしろ、いらなくない?というご意見やあっても使わないかな、という声をいただきます。






でも現にロフト付きの物件は多々あります。











そこで、ロフトのメリット・デメリットを今一度考えたい。










まずは、デメリットから。


…子が邪魔

▲蹈侫箸膿欧襪判襪




次にメリット。


_拱置場になる

▲蹈侫箸膿欧訃豺隋下のお部屋がより広く使える(ベッドや布団を居室に置かなくてよいので)。










主なものはこれくらいでしょうか。以上を基に、最適な使い方を考えます。

私は…







荷物置場にするのがいい







と思います。



一般にロフト付きのお部屋は、単身者向けのワンルームや1Kに多い。

そうすると、どうしても収納が少ない。






季節ものの服や仕事着、本や種々の電化製品などなど、しまう場所に困ります。





そこでロフトの出番。天井の低いロフトでもこれなら対応できます。


また、寝床に使わない方も利益があります。








どうでしょうか。お部屋選びの参考にしてみてくださいね。

更新日時 : 2019年02月12日 | この記事へのリンク : 

物件に愛情をかけよう!

こんにちは!(株)菊商事の森田です。

今日はとても冷えますね。皆様お体に気をつけください。







さて、前回に引き続き、物件の手入れについて。




基本原則は手をしっかり入れれば、それだけ決まりやすくなります。








当たり前のことですが、お客様は設備や清潔さをとてもよく見ておられます。

なので、けちけちせずにプロのハウスクリーニング業者をいれて、気になるところはちゃんとリフォームしましょう。






今は都内でも賃貸物件は供給過多です。なので、設備の悪い部屋やきれいにお掃除されていない部屋は、
内見する前に写真ではねられてしまいます。







総合的にみると、長く空いたままにしておくより、お金をかけて早く決めた方が得です。




ここは本当に大事。








そこで、参考までに私の経験上、お客様が喜ばれる設備ベスト3をご紹介します!






第一位   モニターホン


最近は宅配便で買物をされる方が多いので、顔の見えるモニター付きインターホンは喜ばれます。
男女問わず人気です。お値段も手ごろです。だいたい、5万円以内で取り付け可能です。



第二位   独立洗面台


特に女性に人気です!お化粧に便利ですからね。ただし、取り付けスペースとお値段が張ります。



第三位   インターネット無料



今はほとんどの方がインターネットを使います。でも、意外とネット代って高いんですよね。
なので、特に若い方に好まれます。弊社ではジェイコムさんと提携させていただいておりますが、

1世帯あたり、1000円ちょっとのご負担でインターネットが引けちゃいます。おすすめ。











いかがでしょうか。やはり適切にお金をかけた方が、入居者の方に選ばれやすいです。
よいリフォームをすれば、古い物件でもまだまだ戦えます。ぜひ、ご参考にしてみてください。

更新日時 : 2019年02月11日 | この記事へのリンク : 

賃貸物件にウォシュレットを取り付けるか問題

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。



今回も昨日に引き続き、賃貸リフォームについて。




ウォシュレット、最近では設備としてお部屋についているものも多くなりました。

老若男女問わず、温水洗浄便座は喜ばれるようです。私も使用しておりますが、もはや、ウォシュレット
無しの生活など考えられません。快適。






そこで、賃貸物件にも導入しよう!と考えますが、少々お待ちください。弊社ではこんな意見も
伺っております。






前の人が使ったものは嫌だ







よく考えれば確かに。お尻にあてるものですからね。

もちろん、気にされない方もいらっしゃいます。




そこで、私はこう考えます。









最低でも、コンセントは設置する







意外と忘れられがちですが、温水洗浄便座には電源が必要です。

そして、特に古い物件ですと、トイレ内にコンセントがついていないものが多い。







最低でもコンセントがついていれば、入居者の方がご自分で設置することができます。

また、好きな時にオーナーが取り付けることも可能です。







コンセントの設置工事は高いものではないので、おすすめです。

いかがでしょうか?












最後にひとつ、ご注意ください!

小さいトイレですと、ウォシュレットそのものが使えない可能性があります。

そうすると、コンセント工事も無意味になるので、よくご確認ください。







それでは、また!

更新日時 : 2019年02月05日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年10月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。

最近見た物件 (0)