不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

退屈な休日たち

 休日は退屈だ。平日ならば仕事があるけれど、仕事の時間の分だけ空くので、手持ち無沙汰になってしまう。昔から休日の時間の使い方がわからない。小学生のころは塾や習い事、中学・高校生のころは部活、大学生のころはアルバイトとサークル、思えば毎日何かしらの活動、仕事のようなものをやってきた気がする。だからだろうか、何もない時間というものに慣れていない。

 世の中の流れは長期休暇推奨、週休3日制、休日の積極的推進となっているみたいだ。しかし、何もしないで家で一日中過ごすのは退屈に過ぎるし、どこかに出かけて遊ぼうと思えば、それ相応の金がかかる。結局、仕事くらいしかやることがない。年間、週単位、一日の時間の使い方が仕事を中心に組み立てられているので、ぽっかりと空いた空白の時間に戸惑う。長すぎる休暇は停滞を感じさせる。昨日と同じ何もない休日がこの先ずっと続いてしまったら…、そう思って不安になる。

 明日からゴールデンウィークだ。私の休みは3日間だが、今のところ何も予定がない。おそらく、平日と同じように本を読み、音楽を聴き、映画を見て過ごすだろう。2日目からはきっと退屈に違いない。


                                  株式会社菊商事 森田義貴

更新日時 : 2022年04月28日 | この記事へのリンク : 

青春とは黒い炎

 阿佐ヶ谷駅前に書楽という書店があって、私はよく行く。先日その店の文庫本コーナーの近くで、10代のうちに(20代だったかもしれない)読みたい本という特設棚があった。その中の二つの本に目が留まった。1冊はドストエフスキー『地下室の手記』、もう1冊はボードレール『惡の華』。両方とも新潮文庫から出版されているものだ。この二つの本は私自身、19歳の時と20歳の時にそれぞれ読んだ。当時の私は衝撃を受けた。『地下室の手記』を読んで、人間というのはこんなにも煮詰まれるものなのかと思い、『惡の華』を読んでその象徴的で過剰な表現にやられた。

 29歳の今から当時を振り返ってみると、平気で過剰で、やりすぎで、煮詰まっていた。そういう自分が確かに存在した。そういう自分だったからこそ、この二つの本に引き付けられたのかもしれない。

 私は若すぎる日々(青春と呼ぶことにしよう)とは、黒い炎だと思う。世界中の薔薇を集めて、その薔薇の山に火をつける。その時に燃え上がる黒い炎だ。やがて薔薇は灰になる。そしてその灰の中から新しい薔薇が生まれる。



                                                   森田義貴

更新日時 : 2022年04月18日 | この記事へのリンク : 

休日はどこにも行かない

 私の休日は週1日である。水曜日だ。土日祝日も基本的にない。週6日きっちりと仕事だ。休みが1日だと気が付いたことがある。遠くに行かないのだ。電車に乗って小旅行とか、温泉とか、横浜中華街だとか、自分の家から距離のあるところへはまずもって行かない。疲れるからだ。1日大変な思いをして遠出をすると、精神と肉体に疲労がたまってしまって、次の日の仕事に支障がでる。だから休日は遠出をしない。

 休日は専らタブレットで映画を見ているか、自宅か図書館で本を読んでいるか、近所をあてもなく歩き回るかのどれかだ。休日のほとんどの時間を一人で過ごす。意識して行動を変えようと思っても、どうしてもこうなってしまうのだ。

 休日の自分の行動が習慣なのか、趣味なのか、あるいはその両方なのか、それはよくわからない。別に幸福も不幸も不満も感じていない。ただいつの間にか、自然に、一人になってしまう。


                                  株式会社菊商事 森田義貴

更新日時 : 2022年03月27日 | この記事へのリンク : 

残響

 先日、東京でも雪が降った。夜になるにつれて雪は積り、気温が下がっていった。身を切るような冷気が、頬や露出した手にあたり、吸い込む空気は冷たくて、肺の奥までスッとした。雪の舞う街灯の明かりがぼくは好きだ。白い雪と白い光、背景は夜の黒。傘をさして寒いのに、いつまでもいつまでも眺めていられる。

 あくる日、雪はもう溶けていた。気温が上がって太陽が照っている。軒先や屋根から、雪解け水がぽたぽたと落ちていく。その音が、昨日の夜降った雪の残響のように聞こえた。雪は降り積もるとき音はしないけれど、溶けるときには音がする。いや、違う。きっと降り積もる時にも音はしているのだ。あまりにも微かでぼくの耳には聞こえないだけで。

 夜通しかけて小さな音がたまってゆく。そして次の日、溶けたその雪の中から音が飛び出す。その音たちは、昨日の雪の微かな叫びの集積だ。



                             
株式会社菊商事 森田義貴

更新日時 : 2022年02月12日 | この記事へのリンク : 

祭りのない街

 新型コロナウイルスの感染があって、阿佐ヶ谷でも主要な祭りがいくつか開催されなくなった。七夕祭り、ジャズフェスティバル、神社等での祭り…。ジャズフェスティバルなどは一部室内で開催されて、インターネット配信されたらしいが、商店街や駅前広場を使った野外の催しはなくなってしまった。

 ぼくは祭りが苦手だ。それは、人混みが苦手だからだ。小さいころからあまり祭りには行かなかった。小学生のころ夏祭りで、太鼓の発表をしたことはあるが、それ以外は特に祭りに行った記憶がない。だから、夏祭りの思い出なんかも特にない。思い出せるのは、少女漫画で読んだよくある夏祭りのシーンだけだ。

 それでもなんとなく街に祭りがないのは寂しい。あの街に纏う何とも言えない喧噪の感覚とざわめき。行きかう人々の浮かれたような顔、浴衣、法被、子供たち。なくなってみると、どこか恋しいし懐かしい。祭りはきっと記憶なのだ。街にしみ込んだ目には見えない人々の記憶。それが今、祭りのなくなった街で地面からしみだしている。そんな気がする。

 きっとこんな気持ちも祭りがまた始まったら、忘れてしまう。そうやって、街にしみ込む祭りの記憶は重ねられてゆく。それで良い。そういうものだから。また祭りのはじまる街を夢見て、今は記憶の中の祭りを思う。

 



株式会社菊商事 森田義貴

更新日時 : 2022年02月05日 | この記事へのリンク : 

春の雪

こんにちは。株式会社菊商事の森田です。

今日2020年3月14日、東京では雪が降りました。春の雪です。珍しい。


雪の降る様を見ていて、ふと、思いました。

そういえば、三島由紀夫の小説に『春の雪』ってあったな。たしか、大学3年のころに読んだな。




なぜ、思い出したのか考えてみると、昨日テレビで三島のことをやっていたからかもしれません。
あるいは、ぼくが今、『禁色』を読んでいるからかもしれません。


とにかく、そう思ったのでした。




三島由紀夫はぼくの好きな作家の一人で、いくつか作品を読みました。

『春の雪』を含む豊饒の海4部作、『金閣寺』、『鏡子の家』、『近代能楽集』、『潮騒』、『青の時代』…etc


どれを読んでも、「良い」と思うのですが、どこがいいの?と聞かれると、はっきり答えられません。




格調高い文体か、逆説性か、宿命か、悲劇性か、緻密な描写か、判然としません。


うーん…考えて、考えて、いま気が付いたのは、「何がいいのか分からないけど、確かに何かは良くて、その何かを知りたい」
と思うからいいのだということです。




なんだかぐるぐるしてきましたね。でも、「古典」というのはそういうものなのかもしれません。

作品そのものの中に問いが含まれていて、各々それを抜き出して、考え、新たな創作をする(もちろん、この「創作」にはものを書く以外のことも含まれます)。




そういう意味で、三島の作品はやっぱり古典といえそうです。




さあ、雪が降るのを見て、ここまで来てしまいました。しかしこれも、『春の雪』という本の力です。

だって、その本が書かれなければ、その本を読んでいなければ、このように「古典」というものを考えることもなかったかもしれないのです。

ぼくは本の力にひっぱられてしまったのです。


「古典」とは恐ろしいものですね。





さて、外を見るといつしか雪は止んでいました。もう少し、「春の雪」を見ていたかったな、というのがぼくの今の感想です。


三島が死んでもう何十年もたっています。ぼくが『春の雪』を読んでからも、5年くらい経っています。


そうして今、ぼくははじめて、春に降る雪を見たのでした。


 

更新日時 : 2020年03月14日 | この記事へのリンク : 

夜の公園でビル・エヴァンスを聞いている②

こんばんは。菊商事の森田です。前回の続きです。

はじめに、補足です。「ポートレイト・イン・ジャズ」というのは、アルバムの名前です。
以下、登場する曲名はすべて「ポートレイト・イン・ジャズ」の収録曲です。




見事ビル・エヴァンスにハマったぼくは、イヤホンを耳に入れて、毎日聞いていました。

そのころのぼくには、放浪癖があって、夜中によく近所まで散歩にでかけていました。




ぼくがよく行っていたのは、高円寺と阿佐谷のちょうど間くらいにある、馬橋公園という公園です。
緑が多くて、小さな池や子供の遊ぶ遊具なんかがあります。きれいないい公園です。


そこに夜中10時ごろいって、少年野球やサッカーをやるグラウンドの横にある、小さな広場
に入ります。街灯の下にあるベンチに座ると、風が木々を揺らすざわめきが聞こえます。




それがなんだか心地よくて、一度外したイヤホンをまた耳に入れ、おもむろに
再生ボタンをタップします。



「Autumn Leaves」、「Someday My Prince Will Come」、「Blue In Green」…



たぶんですけれど、こういうのを今の言葉じゃ、「エモい」っていうんでしょう。



そうなんです、ジャズはエモいのです。

そう、「エモい」のです。






で、唐突に阿佐ヶ谷町紹介へまいります。2019年10月25日、26日に阿佐谷ジャズストリート2019、
が開催されます。



喫茶店や神社、教会、小中学校の体育館、飲食店など阿佐谷のいたるところで、ジャズが響きます。
駅前には特設ステージもできます。「エモい」ジャズが聞ける、というわけです。






もうお気づきになられましたよね。これは、阿佐谷ジャズストリート2019の紹介文だったのです!


あ、でも、夜の公園でぼくがひとりジャズを聞いていたのは本当です。

すいませんでした。無理やりでした。


申し訳ございません。しかし、よろしければ、また。

更新日時 : 2019年10月24日 | この記事へのリンク : 

夜の公園でビル・エヴァンスを聞いている①

こんばんは。株式会社菊商事の森田です。今は2019年の10月です。だんだん寒くなってきましたね。

今回はジャズのはなし。エッセイ風です。




ぼくがはじめてジャズを聞こうと思ったのは、村上春樹さんの本を読んだからだった。

こういう方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?

村上春樹さんは言わずと知れたジャズ好きで、小説やエッセイにもたくさんジャズが登場する。



この本のこれ、と明確に特定はできないが、村上さんの本を読んでいると、いつの間にか
ジャズ(音楽といってもいいかも)を聞きたくなるから不思議だ。音のない文字を読んで
いるのに。






というわけで、勝手にジャズが聴きたくなったぼくは、インターネットで有名どころを調べることにした。
(インターネットってところが、現代的でしょ?どうでもいいけれど)

グーグルを開いて、検索欄に「ジャズ おすすめ」と入力する。すると、たくさんのおすすめ記事がでてくる。


そのいくつかを読んでみるが、正直よくわからない。ぼくは何を聞いたらいいんだろう?
間抜けな思考をして、はたと気が付きました。そういえば、「ビル・エヴァンス」という人を聞いたことがある。




どこで知ったのか、はっきりとは思い出せないけれど、たぶん何かの本で読んだんだろう。
なんとなく気になり、またインターネットで検索してみた。「ビル・エヴァンス ジャズ」。



グーグルの検索結果のトップに、ビル・エヴァンスの顔写真がでんと映された。
後で知ったのだが、ぼくがこの時見たのは、有名な「ポートレイト・イン・ジャズ」のジャケット写真だった。





ぼくはその時、なんとなく、神経質そうな人だなあと思った。そしておそらく、ピアニストだなと。
その時の勘は何故か冴えていて、ビル・エヴァンスはピアノを弾いていた。



軽く彼に関する記事に目を通すと、早速アップル・ミュージックで「ポートレイト・イン・ジャズ」
を聞きにかかった。



で、好きになってしまうんですね。イヤホンから流れるピアノに、ドラムに、ウッドベースに、
ぼくははっきりといいと感じました。







さて、まだタイトルの夜の公園がでてきてませんね。ご安心ください。この後、でてきます。

でも、それは次回に回させてください。

話はこれから、夜の公園→阿佐谷ジャズストリートと続きます。

更新日時 : 2019年10月20日 | この記事へのリンク : 

台風にご用心

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。


先月に引き続き、台風が迫ってきていますね。ご注意ください。


今回は台風関連のお話。



アパートやマンションを持っている方は、台風後は物件の損傷が
あるかもしれません。弊社でも屋根がはがれた、塀が壊れた、等の連絡をよくいただきました。

そこで、そういうときの基本的なことを書きたいと思います。



①必ず保険に入りましょう

まずはこれが一番です。建物が壊れて修理がしたいというときに、たまに建物の保険に入っていない方が
いらっしゃいます。すると、修理費が全額自己負担になります。当たり前ですが。

台風クラスの災害ですと、屋根がやられたりして、云十万の修理費がかかることがざらにあります。
屋根をふき替えなければいけない場合もありますからね。


なので、まずは保険にはいること。余談ですが、ジンクスとして、保険に入っていない方に限って
でかい修理がきたりします。ご注意あれ。



②すぐに修理をしましょう

小学校の標語みたいですが、事実です。

例えば、屋根工事の場合。現時点で水が漏れていないからといって、軽微な修理を怠っていると、
後で大変なことになります。2次災害ですね。なるべく、被害が少ないうちに直しましょう。









極めて当たり前のことを書きましたが、経験上、意外と抜けている場合が多いです。

物件をお持ちの方、ぜひぜひ、ご確認ください。ありがとうございました。




 

更新日時 : 2019年10月08日 | この記事へのリンク : 

上京する方へ、お部屋を探す時期について

こんにちは!株式会社菊商事の森田です。


台風が迫っている今日この頃。久しぶりの更新です。


今回は簡単に。





先日、就職が決まり、地方から来年の3月に上京されるという方が来店されました。
早めにお部屋を探したいと。おめでとうございます!新生活に胸が高まりますね。




うん、でもですね、言いにくいんですが、気が早すぎます(笑)




東京に来る前に、町が見たい!というのなら、いいと思います。
ただ、早めに部屋を抑えてしまおう、というのは時期尚早です。




なぜなら、基本的に申し込みをいれてから、賃料が発生するまでの間は、2週間だからです。
最長でも1ヶ月です。それくらいしか、大家さんは待ってくれません。



あんまり先まで待っていると、その前にお部屋に入りたいという方が困ってしまいますからね。






というわけで、お部屋を借りる気で上京されるなら、引越しの2~3週間くらい前がいいと思います。
その方がスムーズです。




今はインターネットがありますから、事前にあたりをつけておくとなお、いいでしょう。






参考になりましたか?では、また。

更新日時 : 2019年09月06日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
ブログカテゴリー ※最新情報をブログでチェックできます。